KyotoToday---写真と動画で京都のいろいろをご紹介

Picture/Movie of/in/from Kyoto, everyday. 一日一枚、京都のいろいろを動画と写真でご紹介しています。

【神社】藤森神社

藤森神社は、伏見区にあります。

藤森神社

藤森神社

菖蒲の節句発祥の神社としても有名で、かつ、勝運と馬の神様ということで、競馬関係者がお参りに来る、ということだそうです。上記のウェブサイトからはリンクが見つけられなかったのですが、Twitterもやっているそうです。

twitter.com

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

葛飾北斎の「東海道五十三次」続報

以前のエントリーで、こんな記事を書きました。

kyototoday.hatenadiary.jp

その後、さすがにこれはどうかと思った人が多いらしく、京都新聞などでもこの件に関連するニュースが流れてきました。

東海道五十三次北斎京都市の観光案内が話題」

(『京都新聞』2017年05月25日ウェブ版)

この記事は、要するに上記の私のエントリーが指摘するように、「葛飾北斎東海道五十三次の作品を作っていたなんておかしい」ということを記事にしているものです。

実は、この話は正しくもあり、間違いでもあります。

まず、「正しい」方から言いますと、「葛飾北斎にも東海道五十三次をテーマにした作品はある」ということです。要するに、この山科駅の近くにあった観光案内そのものは、間違いではありません。偶然にも、ちょうど東京にあるすみだ北斎美術館では、企画展として「てくてく東海道北斎と旅する五十三次-」が行われています。

hokusai-museum.jp

期間は、2017年4月18日(火)〜 2017年6月11日(日)ですので、皆さんがこちらの記事を読んでいる時点では、すでに終了している可能性があります。しかし、事実としては、山科の観光案内の記述は「間違ってはいない」ということができます。

 

では、「間違っている」方は何か、と言いますと、より有名な歌川広重を無視して、わざわざ葛飾北斎の名前を出すというのは、一般的な観光用の掲示板としては大いに間違っている、と言わざるを得ません。「五十三次の作品は広重だけじゃなくて、北斎もあるよ」ということを強調するものであるならともなく、この看板はそういう意図のものではありません。また、どちらかというと北斎の中でもマイナーな作品であるものを、限られた字数の中で書く必要もないと思われます。「嘘ではないけれど、正しいとは言えず、観光用としては間違っている」ということだと思われます。

 

さすがに京都市も、これまでの駒札(この掲示板のようなものって、「駒札」っていうんですね)を撤去、新しいものに付け替えるそうです。まあ、それはそうでしょうね。

山科駅前にある立て看板の跡

上の写真は、駒札から説明板を取り除いたもの。気持ちはわかりますが、なんか書いておいたほうがいいような気もします。何にも書いてないのも、なんと言いますか、殺風景と言いますか・・・

 

 

それはそうと、この「駒札」(こまふだ)ですが、一般的な名詞ではないのでしょうか?というのも、手元にある『大辞林』にも『精選版 日本国語大辞典』のどちらにも載っていないのです。

広重 ― 雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく

広重 ― 雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく

 

 

京都一周トレイルF21-23

行ったことありませんが、「京都一周トレイル」というのがあります。

京都一周トレイルF21

こっちが一応公式サイトのはずなのですが・・・ちとわかりにくい。

kanko.city.kyoto.lg.jp

これ、ページの下の方に情報がありますので、ご注意。そもそも「京都一周トレイル」とは、というのを引用しますと;

京都一周トレイルは,京都の東南,伏見桃山から,比叡山,大原,鞍馬を経て,高雄,嵐山,苔寺に至る全長約83.3キロのコースと,豊かな森林や清流,田園風景に恵まれた京北地域をめぐる全長約48.7キロのコースからなります。

 とあります(上記ウェブサイトより)。

ちょっと日本語がおかしいですけれど、まあいいたいことはわかります。つまり京都府には;

  1. 京都市を巡る83.3キロのコース
  2. 京北地域を巡る48.7キロのコース

の二つがあるということです。ここで取り上げるのは前者の方です。

 

こんな風に、現在地と番号、そして最小限という感じですが、近隣の情報があります。

京都一周トレイルF22

 こういうのこそ、QRコードを使って情報提供をしてほしいと思うんですけれどね。

京都一周トレイルF22

 これらの写真は、伏見あたりを散歩していた時に、撮影したものです。

 

全部歩いて、撮影してみると何か面白そうな気もしますが、どうかな。ちなみに、当然と言えば当然なのですが、これらを歩く際のガイドマップがちゃんと販売されています。ですが(これがなかなか理解に苦しむところなのですが)、公式ガイドマップって、アマゾンとかじゃ売ってないんですよね。なぜだ。

 とりあえず、こちらで我慢。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

【神社仏閣】大岩神社(京都市・伏見区)

伏見区には、大岩神社というのがあります。

大岩神社

ここ。周りには特に何もありません。 

大岩神社

同じ時間に撮影したものですが、光の感じで下のはだいぶ明るくなっています。

大岩神社

こちらは鳥居。そういえば、中には入りませんでしたっけ。次には中にちゃんと入ってみたいと思います。

 

大岩神社

こちらは、解説の駒札です。京都市が作ってますね。

 

場所はこちら。この地図だけ見ると、なかなかどうして、山の中にありますね・・・ 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

【神社仏閣】冬の平井神社(京都府・城陽市)

城陽市近鉄久津川駅のすぐそばにある平井神社です。

平井神社

最近(といっても撮影は2008年ですが)ではちょっと珍しい雪景色。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

【神社仏閣】二十二社

神社の格式を表すリストはいくつかありますが、11世紀くらいに選ばれたものに二十二社(にじゅうにしゃ)というのがあります。

八坂神社にて

こちらは八坂神社。季節はもちろん夏です。)

元々は十六社だったようですが、これに徐々に改訂を重ねて、最終的に二十二社になったそうです。

他にも神社の格式を表すもの(これを「社格」というようです)はいくつかありますが、これが一番わかりやすいので、とりあえずこれを紹介します。京都から近いのが多い、ということもあります。リストとしては「延喜式神名帳」とかもありますが、数が多すぎるので、そのうちに。

 

上七社

  1. 伊勢:伊勢神宮
  2. 石清水:石清水八幡宮
  3. 賀茂上下:上賀茂神社下鴨神社
  4. 松尾:松尾大社
  5. 平野:平野神社
  6. 稲荷:伏見稲荷大社
  7. 春日:春日大社

中七社

  1. 大原野:大原野神社
  2. 大神(おおみわ):大神神社
  3. 石上(いそのかみ):石上神宮
  4. 大和:大和神社
  5. 廣瀬:廣瀬神社
  6. 龍田:龍田大社
  7. 住吉:住吉大社

下七社

  1. 日吉:日吉大社
  2. 梅宮:梅宮大社
  3. 吉田:吉田神社
  4. 広田:廣田神社
  5. 祇園:八坂神社
  6. 北野:北野天満宮
  7. 丹生:丹生川上神社(上・中・下)
  8. 貴布禰(きふね):貴船神社

この中で、多分ダントツに行くのが困難なのは、下七社にある丹生川上神社(上・中・下)でしょう。誤解を恐れずに言えば、こちらは山の中にあるので、なかなかに大変です。

 

 

ここ数年、年が変わったらあるのかどうかもわからないような「聖地」がボロボロ誕生していますが、ここに載せてあるようなものこそ「聖地」というべきでしょうねぇ・・・

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

葛飾北斎の「東海道五十三次」?

先日、京都市の立てた観光用の看板(これを駒札というそうです)で、こんなものがありました。

旧東海道の看板

京都市の観光地には、(全てではありませんが)多くの場所で、京都市が設置した立て看板があります。写真のものは、山科駅の近くにある旧東海道(旧三条街道)を解説したものです。

観光用ですので、ある程度コンパクトな説明になることは、まあ仕方ないといえましょう。それはいいのですが、ちょっと気になる記述がありました。

葛飾北斎の「東海道五十三次という記述です。

葛飾北斎といえば、泣く子も黙る?、日本の浮世絵そのものと言ってもいいような人物、代表作の富嶽三十六景」といえば、誰でも一度は見たことがあるような日本を代表するアーティストであることは間違いないと思います。

しかし、「東海道五十三次」とは?

私は美術史などにもそれなりの関心はありますが、専門的に教育を受けたこともなく、アマチュアであることは間違いなのですが、葛飾北斎が「東海道五十三次」という作品を残したということは、初耳(初見)でした。

世の中、まだまだ知らないことがあるな、と思う今日この頃です・・・

 

が。

 

素直に考えて、これは、葛飾北斎」ではなく「歌川広重(うたがわ・ひろしげ)の間違いであると思われます。

ここまで、自信たっぷりに書かれると、こちらが間違っているのではないかと思い、いろいろ調べてしまいました。いやはや。

 ちなみに、歌川広重は京都には来ていない説もあります。

歌川広重保永堂版 東海道五拾三次 (謎解き浮世絵叢書)

歌川広重保永堂版 東海道五拾三次 (謎解き浮世絵叢書)

 

 

<追記>

実はこの話には、続きがあります。

葛飾北斎の「東海道五十三次」続報 - KyotoToday---写真と動画で京都のいろいろをご紹介

ぜひこちらもご一読ください。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村