KyotoToday---写真と動画で京都のいろいろをご紹介

Picture/Movie of/in/from Kyoto, everyday. 一日一枚、京都のいろいろを動画と写真でご紹介しています。

神社

【神社】藤森神社

藤森神社は、伏見区にあります。 藤森神社 菖蒲の節句発祥の神社としても有名で、かつ、勝運と馬の神様ということで、競馬関係者がお参りに来る、ということだそうです。上記のウェブサイトからはリンクが見つけられなかったのですが、Twitterもやっているそ…

【神社仏閣】大岩神社(京都市・伏見区)

伏見区には、大岩神社というのがあります。 ここ。周りには特に何もありません。 同じ時間に撮影したものですが、光の感じで下のはだいぶ明るくなっています。 こちらは鳥居。そういえば、中には入りませんでしたっけ。次には中にちゃんと入ってみたいと思い…

【神社仏閣】冬の平井神社(京都府・城陽市)

城陽市、近鉄久津川駅のすぐそばにある平井神社です。

【神社】山王神社(京都市)

京都市右京区の山王神社に行ってきました。 youtu.be 静かな、昔ながらの神社です。最寄りの駅は、嵐電の山ノ内駅です(もっとも、この「駅」はバス停くらいの感じですが・・・)。住宅街の中にあるので、時々地元の方が参拝するくらいです。 同じ名前の神社…

【神社仏閣】松尾大社

ちょっと季節ハズレですが、新緑の松尾大社です(撮影は5月)。

【神社仏閣】松尾大社

緑まぶしい松尾大社です。 人も少なく、良い雰囲気でした。 週刊 神社紀行 21 松尾大社 大原野神社 学研 作者: 山本尚幸 発売日: 2003 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る にほんブログ村

野宮神社

縁結びと進学祈願の神社、だそうで。 緑がまぶしいですね。 対訳 寺社を歩けば京都がわかる―Discovering Kyoto in Temples and Shrines(bilingual edition) 作者: 槇野修,紫紅社 出版社/メーカー: 紫紅社 発売日: 2010/05/06 メディア: 単行本(ソフトカバー…

【神社仏閣】妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)

こじんまりとした神社ですが、上京区の史蹟百選にも選ばれています(というか、上京区だけで史蹟が100以上あるということですね・・・)。 実は、一旦東京に行ったあと、こちらに戻ってきた、ということです。 にほんブログ村

【神社仏閣】松尾大社

701年から始まる歴史ある西京区の神社。 この撮影のときに(実は)初めて行きましたが(結構そういうところは多いです)、なかなかいい所でした。 松尾大社 作者: 松尾大社 出版社/メーカー: 学生社 発売日: 2007/02 メディア: 単行本 この商品を含むブログ…

【神社仏閣】朝の下鴨神社

早朝の下鴨神社。 さすがにこの時間(早朝)だと、ほとんど人がいないですね。 にほんブログ村

辰巳大明神

祇園の新橋通(しんばしどおり)には、辰巳大明神というのがあります。 由来はよくわからないものの、いまでは伎芸上達の神さまとして祭られてるとのこと。 祇園の教訓―昇る人、昇りきらずに終わる人 作者: 岩崎峰子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2003/0…

櫟谷宗像神社(いちたにむなかたじんじゃ)

嵐山にあります。 なんというか、読みが難しいですな・・・日本語は・・・ にほんブログ村

護王神社

御所の西にある護王神社 。 「いのししの護王神社」ありますが、そういえばこの神社の近くに平安女学院があります。本当かどうかしりませんけれど、以前京都市内に迷い込んだイノシシが平安女学院に突っ込んだという話を聞いたことがあります。 京都御所西 …

【神社仏閣】城陽市の平井神社

近鉄京都線・久津川駅(Kutsukawa)のすぐ隣にある神社です。城陽市にあります。 なんか、ちょっと明るくなっちゃった感じですね。以前のうっそうとした感じが、神社らしくて好きだったのですが、そういうのは受けないのでしょうか。残念です。 「神社」で読…

【神社仏閣】早朝の下鴨神社

清少納言によれば「夏は夜」がよいようですが、朝も悪くありません(早朝がいいのは冬)。 たぶん、数百年はかわらない風景でしょう。 にほんブログ村

八坂神社

7月、すなわち祇園祭の最中の八坂神社です。 7月は、まるごと祇園祭なのです。 でも、これって太陽暦なんですよねぇ。全然抵抗ないのかしら。本来は太陰暦なんだから、そっちに戻せ!っていうのは聞いたことないです。 にほんブログ村

【神社仏閣】熊野若王子神社(左京区)

ここから、少し山を登っていくと同志社墓地へと行くことができます。 写真は、五月。新緑美しい時期です。 にほんブログ村

錦天満宮

錦通りの東の端には、神社があります。 街中の神社という感じです。