Kyoto Standard-写真と動画で京都のいろいろをご紹介

Picture/Movie of/in/from Kyoto, everyday. 一日一枚、京都のいろいろを動画と写真でご紹介しています。

【イベント】山本本家のお酒を味わう

京都で日本酒といえば、伏見ということで、先日行われたEnjoying Japanese Sake in Fushimi, Kyotoに参加してきました。

Enjoying Japanese Sake in Fushimi, Kyoto

タイトルが英語であることからもわかりますように、どちらかというと外国人向けの日本酒入門といった感じのイベントでした。もちろん、日本人もOKということで私も参加しました。誘っていただいた藤崎さんには感謝。

会場は納屋町コニュニティーホールというところ。桃山御陵前駅から大手筋を西に向かって、アーケードが終わったあたりで南に向かうと、納屋町商店街があります。その途中。

この辺。 地図からはちょっと見えにくいですが、南には京阪の中書島駅もあるので、大阪から来る場合でしたら、こちらの駅の方が便利でしょう。なんせ、特急も止まりますし。実際、大阪から来られた方もおられました。

主に外国人向けということもあって、なかなかに国際色豊かな参加者でした。私が把握できている限りでは、フランス、イタリア、日本、ベトナム、中国、コロンビアといった感じです。

 

前半は山本本家の山本晃嗣さんに日本酒についての解説(通訳付き)をしていただきました。

清酒(日本酒)の製造、販売|山本本家

それまで、この山本さんにはお会いしたことはないと思うんですが、なんとなーく同類的な匂いがあるなぁと思って、あとで検索してみたら、中学から香里に行ってたんですねw 年代が少し違うので、教えてはいないと思いますが、どっかですれ違っていたりはしているはずです。

こちらの山本本家さん、なかなかの老舗で、創業は1677年、今の社長は第11代目だということです(よって、こちらの山本晃嗣さんは、いずれ12代目になるということです)。

山本本家の山本晃嗣氏

講演の内容もなかなか興味深いものでした。

日本酒の国内消費は残念ながら右肩下がりとなっており、京都でも1982年がピークで、その時は39の蔵があったそうですが、今は20ほどになっているようです。

しかし、明るいニュースもあって、日本酒の輸出そのものは順調に伸びているとのこと。アメリカ、香港、韓国、中国を中心に、こちらは右肩上がりに増えているとのことでした。もっとも、まだ全体量の3%ほどのようで、まだまだこれからといったところなのかもしれません。

 

後半は、利き酒を行いました。最初に簡単に利き酒をやり方をレクチャーしてもらいました。もちろん、プロというか、正式にやる場合だったら、口に含んだあと吐き出すものですが、今回は、我々みんなアマチュアですから、そのまま飲んじゃってもOKということで、飲めば飲むほど、感覚は鈍くなってしまいますが、まあ、その辺もOKということで。ちなみに、利き酒のやり方というのは、舌全体で味わうことだそうです。その時、空気も含ませてやるのが良いということのようです。

 

今回まず、5種類のお酒をそれぞれ味わってみて、次に同じお酒を順番を変えて出してもらいます。これが全て一致させることができたら、全問正解ということなのですが・・・

利き酒

まさかまさかの、私だけが全問正解となってしまいました(笑)決して味に敏感ということでもなく、グルメでもなく、ましてや日本酒に詳しいわけでもないのですが、まあ、運が良かったということでしょう。全問正解ということで、山本本家さんから、こちらのお酒をいただきました。

ありがとうございます、美味しくいただきます(笑)

その後は、周りの皆さんと、ちょっとお酒が入った感じで、こちらのおばんさいをいただきました。

おばんさい

これもなかなか美味しかったです。

山本本家さんは、鳥せいの経営もしており、日本食を楽しむための日本酒、というコンセプトを何回も繰り返して言ってました。これは良い考えだと思います。

 

せっかく日本に住んでいるのですし、京都に住んでいるのですから、是非是非美味しい日本酒を美味しい肴とともに味わいたいと思います。

 

 

わら天神宮(敷地神社)

わら天神宮(敷地神社)に行ってきました。

わら天神宮

 

場所はこちら。

立命館大学衣笠キャンパスが近いので、交通の便としてはバスの方がいいですが、電車(北野白梅町駅)でもなんとかいけます。

わら天神宮

 

動画も撮影しました。


【京都動画】わら天神宮(敷地神社)

 

撮影した日は天気が非常に良くて、清々しい感じでした。

わら天神宮

ここは、安産にご利益あり、ということだそうです。

敷地神社

そういえば、あんまり高い木はなかったような気がします。やっぱり、都会の神社ですから、育成はなかなか難しいのかもしれません。

わら天神宮

これらの写真の一部は、iPhone用の広角レンズアタッチメントを使って撮影したのですが、ちょっとイマイチですね。やはり周辺部が流れてしまっているのは、残念です。もっと高価なものだったら違うのかもしれませんが、いちいちアタッチメントをつけたり外したりというのは、撮影のリズムが失われて、時間もかかるし、正直面倒です。

 

*先日の台風などもありましたが、このような神社仏閣って、やっぱりできるだけ動画などで残しておかないと、気がつけばきれいさっぱりなくなって、マンションになったりしているかもしれません。

というわけでできるだけ、特に小さなところを中心に記録を残しておきたいと思いますので、ご用命いただければ撮影しに参ります。

VUILT Vol.5 京都に行ってきました

VUILT Vol.5 京都に行ってきました。

VUILT Vol.5

VUILTとは、Voice User Interface Lightening Talkということで、今いろいろ使われつつある音声認識の技術を用いた、具体的にはAppleのSiri(今回はこれは登場しませんでした)や、AmazonAmazon Echo、LINEのClova、GoogleGoogle Homeなんかです。これだけだよな?あとあったかもしれないけど、覚えてないです。

 そんな感じの、平たくいうと「音声入力でどんなことができそうかなぁ?」というのをみんなでシェアするイベントでした。

 僕自身は、Siriは時々使っている感じ(でも、一番使っているのはタイマー設定だったりする。「 hey Siri, タイマーを3分にセットして」とか)。でも、音声入力だけで、2000文字くらいの文章を入力したりしたこともある。結構しっかり入力できたりしたので、その精度に結構驚いたりもしましたね。ただ、考えながら文章を作る場合には、手打ちで入力するのと、音声で入力するのとどっちが良い結果を出してくれるかというと、今の所は後者。

ともあれ、知り合いが出てたりすることもあって、参加してみました。

場所はこちら。

 コワーキングスペースの「小脇」というところ。一階はファミマ、道を挟んで反対側には鯖料理で有名になったSabarというお店。四条烏丸からも徒歩10分ほどなので、場所も便利。

 

Before the Event

今回のようなVUILTは、東京などではあちこちでやっているようでしたが、京都では初めてということで、ちょっと驚きです。もっと頻繁にやっていてもおかしくないのですが。また、今回は学生の参加がゼロというのも大変残念でした。特に参加しにくいという時間でも季節でもなかったと思うのですが(そもそも参加料は無料)、もう少し頑張ってアンテナを張り巡らして欲しいところです。

 

今回は、特にSiri関連の話はなく(そもそもHome Podも日本では売ってないし、そのあと特にアップデートがあったという話もないし・・・)、アレクサもクローバーも、Google Home使ってない身としては、ちょっと置いてけぼり的な部分はありましたが(そもそも私はエンジニアでもプログラマーでもないので、細かい話は基本的に分かっていません)、いろいろ楽しめそうだなぁという感は十分に伝わってきました。

 

ちょっと思ったのは、「こちらから話しかけなくても、相手から話しかけてもらいたい」という部分はあるのかなと思いました。Apple Watchの通知もそうなのですが、例えば、雨雲が近づいてきたら、それを音声で教えてくれるのは悪くないと思います。その音声に対して「詳しく教えて」と話しかけたら天気の詳細を教えてくれる、というのは、ちゃんと「対話」になっていると思います。こういうのができると楽しくなると思いますね。

対話といえば「音楽をかけて」と言ったら、「しばらく聞いていない、この曲はいかがでしょうか?」くらいの知性はあってもいいと思います(これはiTunesの情報があれば容易に可能)。

懇親会

 ともあれ、司会者の方も驚くくらいスムーズにプレゼンも終わり、懇親会となりました。

 

 お菓子やビールも出たので、ちょっとびっくり。こういうのは嬉しいですね。

懇親会ビールとおつまみ

  そういえば、なんか久しぶりにTwitterの中継っぽいのをやりましたっけ。ハッシュタグ使ってのまとめとかも、久しぶりでした。最近は、こういうの減っちゃったって気がする。退化かしら。

Prime Rich Beer

 こういうイベントに行くたびに忘れちゃってたりするんだけど、イベント用のビジネスカードをそろそろ作ったほうが良いなぁ。

 

こちらは出たばっかりの本です。

スマートスピーカーアプリ開発入門 3大スマートスピーカー Amazon Echo Google Home LINE Clova対応

スマートスピーカーアプリ開発入門 3大スマートスピーカー Amazon Echo Google Home LINE Clova対応

 

 

今週の京都:9月10日〜9月16日

10日(月)

 

11日(火)

 

12日(水)

 

13日(木)

 

14日(金)

VUILT Vol.5 京都にいって来ました。レポートはこちら。 

kyototoday.hatenadiary.jp

 

15日(

 

16日(

台風21号

先日、台風21号が日本列島を直撃、おそらく、思っている以上の規模で被害が広がりました。

台風21号

この「思ってる以上」というのは私も同様で、7時間ほどの停電と断水になってしまいました。

とはいえ、私のところには特に甚大な被害もなく、ホッと胸をなでおろしたというところです。

しかし、事前から「25年ぶりの強い台風」という報道もなされていましたが、これほど大きい被害が出るとは思っていませんでした。特に、大阪での被害は大きいものとなりました。また、関西空港も、高潮の影響で浸水、さらに連絡橋にタンカーが衝突、北側(和歌山側)の方の道路と線路に大きな被害が出ています。

そんなこともあって、この夏は、大雨、地震、台風と自然災害が立て続けに関西地方を襲ったわけですが、わずかばかりの経験を踏まえて、思うところ・気がついたところをメモ的に残しておきたいと思います。

 

1. とにかく日本は、台風も大雨も地震も来る。自然災害は毎年確実に来るというのを前提に、年中行事として捉えるべきである。冬は冬で大雪がくることもある。

2. これだけ携帯機器に頼りきっている生活なので、モバイルバッテリーは、もう必需品。これは常に充電完了の状態にしておくべきだと思う。

3. 停電だと、水も出なくなる。あらためて実感。これだと、トイレが致命的。

4. 今回の台風に関しては、夏の真っ盛りでなくてよかった。電気が来ないまま夜を迎えると、冗談ではなく、暑さで死者が出る可能性がある。

5. 正直、朝まで電気の復旧は諦めていたが、当日に復旧してよかった。電力会社の皆さんに敬意を表したい。

6. コンビニ(全部かどうかはわからないけど)は、備蓄されている電源があるので、ある程度は買い物もできる。停電になっていたセブンイレブンは、停電開始から7時間ほど経っても、ちゃんとnanacoICカード)も使えた。この辺のノウハウはちゃんと蓄積されているのだろう。

7. 神社仏閣、文化財は結構あっさり木も倒れるし、建物も壊れる。できるだけ記録を残しておくって大事だ(奇しくも同じ時期にブラジルの国立博物館が火災にあって、収蔵品に多大な被害が生じた)。

8. さすがに大パニックにはなっていなかったものの、陸から切り離された関空は、もちろんある程度の備えはあったであろうけれど、今回はそれ以上であったらしい。何かあっても、何とかなるだろうというポジティブな思考はこういうところで身を助けると思う。多分。

9. やばそうな地域にいて、現地の状況をつぶやいたりしている友人とかにメッセージなりツイートなりをしてあげると、cheer upされる。

10. 今回、公共交通機関が前日に運行停止を発表したのは非常によかったと思う。危険な時はどんどん事前にアナウンスするべきだ。

11. 25年ぶり(前回は1993年)の大型台風だったらしいが、1993年の台風のことは全く覚えていない。もちろん、もう生まれてたけど。人間そんなもんか。

12. ちなみに、関空はこの日が開港した日(1994年9月4日)。偶然ですが、なんてことだ。

13. 関空の完全復旧には、かなりかかりそう。どうなることやら。

14. 南海もJALANAもだいぶ株が下がっているようだ。当然なのかもしれないが、残念だ。

15. いろいろなところで、色々な人がそれぞれの動画を上げていた。そこでしか撮れないもので、非常に興味深かった。

16. 信号が止まっているところがあったけれど、事故もなく、思っていたよりもスムーズに車も横断する人も、流れていた。しばらくここで様子を見ていたけど、問題はなかった。大したものだ。

17. 日本語以外の情報はあったのだろうか?英語、中国語、韓国語、タイ語ベトナム語などなど。

18. 非常時に限らず、24時間体制で、日本から日本のニュースを日本人以外に向けてネットで発信するチャンネルがほしい。

 

ランダムな思いつきですが、とにかく台風はどうせ何度も頻繁に来るのですから、叡智を持って立ち向かいたい、と思っています。

関空

平常時の関西国際空港です。

 

 これ、USBの充電ができるので、すごく役に立つと思うんですけれどね・・